格安航空券利用による沖縄旅行のデメリット

チケットは格安、でもサービスは有料!

格安航空券の登場により、沖縄旅行は手軽に楽しめるものとなりました。一見安くてお得なチケットですが、いくつか注意すべき点があります。まず、従来の航空会社では無料だったサービスが、格安航空会社では有料オプションとなっています。スーツケースを預けるのは有料、重さが制限重量を超えると、追加料金を取られます。機内に持ち込む手荷物も重さと個数に制限があり、超過すると料金が発生します。 座席指定も有料で、友人や家族と確実に一緒に座りたければ人数分の座席指定料がかかります。機内食や飲み物も有料です。機内で買うか、搭乗前に買っておく必要があります。映画や音楽などのエンターテイメントは、有料か、そもそも用意されていない機体が多いです。これらの有料サービスを全て利用したら、結局大手航空会社なみのお金がかかった…ということもあり得ます。

遅延の場合もある!時間に余裕をもっていこう

格安航空券は、深夜や早朝に発着する便が多いのも特徴です。早朝便に乗るときは、空港近くのホテルに前泊が必要な場合もあります。深夜着の便で帰宅するなら、空港から家までの交通手段があるかを、チケットを買う前に確認してください。ホテル代やタクシー代が高額だと、格安航空券を利用する意味がなくなってしまいますよね。 また、格安航空会社では少ない機体を何度も往復させてコストカットするため、遅延が起こりがちです。遅延のせいで乗り継ぎの電車や飛行機に間に合わなくても、補償されない航空会社もあります。スケジュールに相当余裕をもたせないと、余計にお金がかかるというリスクを背負うことになるのです。格安航空券で沖縄に出かけるときは、航空会社のルールや空港へのアクセスをしっかり調べたうえで利用しましょう。

与論島の文化として欠かせないのが、三線です。与論島の島唄は沖縄に似て、明るく軽快なリズムが特徴になります。与論島の旅行を通して、三線の音が流れると歌って踊りだす、島人体験を楽しんでみませんか。