格安航空券利用による沖縄旅行の魅力

あまり予算がなくても問題なし

沖縄という都道府県は本州とはかなり離れた場所に位置しており、九州南端の自治体からでも約500kmの距離があります。関西からは約1200km・首都圏からは約1500km離れている状態のため、従来は飛行機で沖縄に向かおうとすると、かなりの交通費がかかっていました。そのため、沖縄は本州に住んでいる人達にとって潤沢な資産を持っている人だけしか行けない場所として見られてきたようなところがあると言えます。

しかし、21世紀に入って航空業界にて規制緩和が起こり、状況が大きく変わりました。LCCの登場や大手航空会社が格安航空券を販売し始めた事により、今ではかなり安い往復運賃で沖縄まで旅行に行けるようになってきています。具体的には運賃を従来の半額前後で済ませる事ができる状況です。

浮かせたお金を有効活用

旅行にかかるコストの内訳を分析すると、豪華な旅行をする場合を除いて運賃が圧倒的なシェアを占めます。しかし、従来飛行機の往復運賃だけで6万円かかってしまっていたものを半額の3万円まで抑える事ができれば、わずか4万円の予算でも1泊2日の沖縄旅行が実現します。さらに運賃も含めて自由に使える予算が6万円あるような場合は、一般的なグレードを遥かに超えた豪華ホテルに宿泊する事も可能です。

ホテルに関しては一般的なグレードの施設で問題ないならば、5日から1週間くらいの長期沖縄旅行も実現します。沖縄の美味しい食べ物を満喫したい場合は、浮かせたお金を有効活用すれば、従来の沖縄旅行では決して食べられなかった名物料理も心置きなく堪能できます。